本文へスキップ

ストラト・クレイジーは、ビンテージ フェンダー ストラトキャスター専門ショップです

電話でのお問い合わせはTEL.03-3257-7117

〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-8-6 第一古川ビルB1

'67 Sonic Blue/Rose neck <VG-1731> Super Rare Spec. 価格はお尋ねください

*ストラトキャスターの生産・出荷本数が極端に少なく、存在自体がレアな67年製・・・しかもオリジナル・カスタムカラーの「ソニック・ブルー」!
 以前64年製「ソニック・ブルー」が入荷した際に、「世界で一番人気のあるカスタムカラー」でレア・カラーではなく・・・旨紹介させて頂きました。
 但し66年以降は状況が変わります。フェンダー・カスタムカラーにある程度知識をお持ちの方なら、65年にカラーチャート内の色の大幅入替えがあったのはご存知だと思います。
 従来より、フェンダー・カスタムカラーは、Candy Apple Redを除いては、すべてデュポン社がクルマの外装色用に開発したカラーを転用しておりました。
 故にその時代の”流行”が色濃く反映されていると思われます。
 60年代初期〜中期に関し、カリフォルニアを意識したカラー「フェスタ・レッド」「ソニック・ブルー」「ファーム・グリーン」等数々のパステル系のカラーが設定されていましたが、
 65年のカラーの入替えを機に、メタリック系カラーが増えた反面、パステル系カラーの多くが姿を消しています。
 「フェスタ・レッド」及び「ソニック・ブルー」の2色は65年以降もチャートに存在していますが、反面実際のギターで考えた場合、一般に見る事は殆どないのが実情です。
 当社でも、「ソニック・ブルー」に関しては、過去2本の72年製を扱ったのみで、今回の67年製がラージヘッドのトランジション・ロゴ物としては初めての扱いとなります。
*基本は66年の仕様を色濃く残した、67年前期仕様で、ご他聞に洩れずBody塗装に関しては、既にポリのアンダー・コートが採用されています。
 トップ・コートの経年変化による色焼けは見られますが、傷・打痕が殆どない極上コンディションをKeepされた1本です。
*ネック・デイト:13 SEP 66 B
*ポット・デイト:Vol 304−XXXX(ハンダに隠れ判読不能) Tone 304−6608×2
*ピックアップ・デイト:フロント&センター 1−11−67、ブリッジ 判読不能 (すべて67年製に見られるブラック・ボビンに鉛筆のデイティング仕様)
*100%オリジナル
*サウンド・キャラクターは65・66年同様の、パワー感がりレンジの広い骨太Rockなトーンで、ヘビー・ブルースやクラッシック・ロック志向の方には最適!
*もちろん当店入荷後完全調整済み・・・オリジナル・フレットの高さも十分でガンガンPlayして頂けますよ!
*今回は下取り商品のため、お値打ち価格でご提供させて頂きます!
*オリジナル・ブラックケース、トレモロアーム、トレモロ・バックプレート付き











     

詳細についてのお問い合わせは   
下取りについての詳細は